タカショーが急落、公募・売り出しで希薄化警戒

 タカショー<7590>が急落。14日取引終了後、252万2000株の公募と29万3500株の売り出し、上限42万2300株のオーバーアロットメントによる売り出しを行うと発表したことで希薄化を警戒した売りに押された。今回の増資に伴う潜在株式数は総発行株の約20%になる。手取り概算額上限は27億5900万円で、工場建設資金やシステム関連投資などに充当する。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる