企業|企業速報 証券市場新聞

エコートレーディング(7427)が一段高。5日大引け後に今17年2月期の連結業績予想を売上高は784億5500万円(前期比4.3%増)の従来予想を据え置いたが、営業損益で2億1500万円から3億円(前期3億3100万円の赤字)へ、最終損益で3億4600万円の黒字から5億9000万円の黒字(同2億1200万円の赤字)へ上方修正したことが材料視された。高付加価値商品の開発を推進する一方、在庫管理徹底や一般管理費の削減などが利益増に貢献している。

証券市場新聞

Pocket