IDOMが急落、2Q上振れ営業益2.3倍の通期据え置き

 IDOM<7599>が急落。14日取引終了後に発表した22年2月期第2四半期累計の連結決算は計画を上回り、営業利益94億4000万円(前年同期比2.3倍)と利益が急拡大したが、通期は150億円(前期比41.9%増)と従来予想を据え置いたことが失望売りを誘った。2Qは豪州子会社の新車販売が想定以上に増え、想定以上に円安に進行したことが収益を押し上げた。通期は保守的に見積もっていた税負担率の見直し、最終利益のみ71億円から80億円(同5.4倍)に引き上げている。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる