宝HLDが反発、PCR検査好調で第2四半期予想を上方修正

宝ホールディングス<2531>が反発。同社は21日の取引終了後、22年3月期の業績予想の修正を発表、第2四半期累計(4~9月)連結売上高で1400億円から1412億1300万円(前年同期比10.5%増)へ、営業利益で181億円から216億1600万円(同3.7倍)へ上方修正した。タカラバイオグループ新型コロナウイルスPCR検査関連製品などが伸びている。

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Makuakeプロジェクト! MURAMO「AI瞬間調光&偏光サングラス」

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる