企業|企業速報 証券市場新聞

日本色材工業研究所(4920)がストップ高で、2週間ぶりに年初来高値を更新した。12日引け後に発表した17年2月期第2四半期累計(3~8月)の連結決算が、売上高53億7400万円(前年同期比40.2%増)、経常利益5億600万円(前年同期2300万円)と大幅増収で利益が急増したことを好感した買いを集めた。
インバウンド需要やアジア市場の拡大で、アイシャドウ・チーク類をはじめとした化粧品の受注が急拡大、仏子会社のテプニエ社が黒字転換したことも利益を押し上げた。通期計画の経常利益6億1000万円(前期比46.7%増)に対する1Q進捗率は82.8%に達し、利益上振れが意識された。

証券市場新聞

Pocket