企業|企業速報 証券市場新聞

関電工(1942)が急反発、一時前日比35円高の980円まで買われている。前日に発生した東京電力ホールディングス(9501)管内の大規模停電を受けて保守・メンテナンスへの需要が高まるとの期待がある。同社は東京電力系で電気設備工事最大手クラスで、東電向け売上比率が約4割を占めることから、メリットが大きいとの思惑がある。

証券市場新聞

Pocket