企業|企業速報 証券市場新聞

文教堂グループホールディングス(9978)がストップ安売り気配。13日取引終了後、16年8月期の連結業績予想を下方修正したことと、村上春樹氏がノーベル文学賞を受賞できなかったことで、失望売りがかさんだ。
減額正は計画になかった大型店の閉店と、前年度のベストセラー相当分売り上げを達成できなかったことが要因で、売上高を335億円から321億5500万円(前期比3.5%減)、最終損益5500万円の黒字を3億3100万円の赤字(前期5億5300万円の赤字)へ減収で赤字継続を見込んだ。

証券市場新聞

Pocket