企業|企業速報 証券市場新聞

サマンサタバサジャパンリミテッド(7829)が反落。13日取引終了後、17年2月期の連結業績予想を下方修正したことが嫌気された。
通期について売上高455億円を375億円(前期比13.6%減)、営業利益26億2000万円を10億6000万円(同49.7%減)へ。在庫適正化のための仕入抑制で一部機会損失が発生、ブランド整理に伴う店舗数の減少とインバウンド需要減少や悪天候も響き、大幅減収減益になる。

証券市場新聞

Pocket