TKPが昨年来安値、3Q赤字縮小もコロナ感染再拡大を警戒

 ティーケーピー<3479>が続落、昨年来安値を更新した。13日引け後に発表した22年2月期第3四半期累計の連結決算は、営業損益11億1400万円の赤字(前年同期実績19億1900万円円の赤字)と赤字が縮小した。貸会議室事業で対面型イベントへの需要が緩やかに戻っているが、足元で新型コロナオミクロン株の感染者数が拡大していることが警戒された。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる