企業|企業速報 証券市場新聞

三菱自動車(7211)が後場に入って上げ幅を拡大した。日本経済新聞電子版がこの日午後2時に、日産自動車(7201)のカルロス・ゴーン社長が、同社の会長につく人事を固めたと報じたことが買い手がかりになった。
同社は月内に日産から34%の出資を受け入れる予定で、ルノー・日産のトップを兼務するゴーン氏が三菱自の会長も兼任し、抜本的な経営の立て直しを進めると伝えており、早期収益再建へ期待が高まった。

証券市場新聞

Pocket