東映アニメが続落、22年3月期予想上方修正も想定内

東映アニメーション<4816>が続落。同社は27日の取引終了後、22年3月期の業績予想の修正を発表、連結売上高で510億円から551億円(前期比6.8%増)、営業利益で145億円から168億円(同8.4%増)へ上方修正したが想定内だったことから売られている。欧米や中国における「ドラゴンボール」シリーズ、「ワンピース」、「デジモンアドベンチャー」シリーズの商品化権やゲーム化権に加え、国内でも配信権販売が好調だった。

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる