富士通が急落、第3四半期3割営業減益を嫌気

富士通<6702>が急落。同社は27日の取引終了後、22年3月期の第3四半期累計(4~12月)決算を発表、連結営業利益で前年同期比5.8%減の1466億6800万円となり、10~12月では3割減益となったことが嫌気された。事業譲渡等、再編に関連する一時利益の影響を大きく受けている。

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる