企業|企業速報 証券市場新聞

ALBERT(3906)が大幅安。24日大引け後に今16年12月期の単体業績予想を売上高で9億7500万円から8億円(前期比16.6%減)へ、営業損益で500万円の黒字から1億6000万円の赤字(前期3300万円の赤字)へ、最終損益で100万円の黒字から1億3800万円の赤字(同1億8500万円の赤字)へ下方修正したことが嫌気された。営業組織の構築が想定通りに進まず、見込案件のリード数が予定を下回った影響で、プライベートDMPを始めとする大型システムソリューションの受注件数が計画を下回っている。

証券市場新聞

Pocket