企業|企業速報 証券市場新聞

オリックス(8591)が急騰。26日大引け後に上限3900万株(発行済株式総数に対する割合約2.97%)、総額500億円の自己株式取得を発表したことが材料視された。取得期間は10月27日から3月31日までで経営環境の変化に応じた機動的な資本政策の遂行が理由。同時に発表した第2四半期累計(4~9月)の連結決算は営業収益で1兆2211億2500万円(前年同期比4.4%増)、営業利益で1663億4900万円(同8.8%減)と減益だったが、悪材料視されていない。

証券市場新聞

Pocket