塩野義薬が反発、発行済2.39%の自己株式取得枠の設定を好感

塩野義製薬<4507>が反発。同社は23日の取引終了後、自己株式取得枠の設定を発表。上限500万株(発行済株式総数に対する割合2.39%)または500億円で取得期間は6月24日~12月30日。企業価値のさらなる向上につながる株主還元の強化、資本効率の向上、ならびに経営環境に応じ
た機動的な資本政策の遂行を図るとともに、一般社団法人 シオノギ感染症研究振興財団への活動支援を目的とした第三者割り当てによる自己株式の処分に伴う株式価値の希薄化に対処するため。

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる