FRONTEOがストップ高、認知症診断補助AIでNTTと提携と報じられる

 FRONTEO<2158>が続騰、ストップ高まで買われた。9日付の日本経済新聞が「医師による認知症の診断を補助する人工知能(AI)事業などでNTT東日本と提携する」と報じたことが材料視された。患者の会話データをもとに重症度を判定するAIの展開に向け、セキュリティー対策や運用保守で協力する。2024年3月期中の実用化をめざすとしており、NTT<9432>グループとの協業による業容拡大と収益貢献が期待された。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる