企業|企業速報 証券市場新聞

トランザクション(7818)は大幅続落。7日引け後に公募増資による120万株の新株発行、筆頭株主の石川論社長による80万株の売り出し、上限30万株とするオーバーアロットメントによる追加売り出しを実施すると発表したことを受け、株式価値の希薄化と需給悪化を懸念した売りが先行した。
新株発行による希薄化率は最大で約11.6%におよぶ。今回の増資による調達資金は約26億7600万円で、電子タバコ事業の小売店出店やオリジナル雑貨開発、生産能力増強などの先行投資に充てる。

証券市場新聞

Pocket