TOAはインドネシアやタイが伸び増収確保

 TOA(6809)は23年3月期第1四半期の連結決算は、売上高90億8400万円(前年同期比9.8%増)、営業損益3億200万円の赤字(前年同期5200万円の赤字)、最終損益2億6700万円の黒字(同1億400万円の赤字)で着地した。
 インドネシアで宗教市場向けが大きく伸び、タイで新規開業の商業施設向けの納入が進んだほか、欧州や中東、米国向けも堅調に推移したが、原材料価格や輸送コストの上昇が損益を圧迫した。
 通期は売上高440億円(前期比7.7%増)、営業利益29億円(同34.3%増)、最終利益22億5000万円(同53.4%増)と従来予想を据え置いた。配当は第2四半期末、期末を合わせ年間40円(前期20円)を計画。

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる