セキュアがストップ安、22年12月期1億8000万円の営業赤字へ修正

セキュア<4264>がストップ安売り気配。同社は10日の取引終了後、22年12月期の業績予想の修正を発表、連結営業損益で1億6000万円の黒字から1億8000万円の赤字(前期1億5500万円の黒字)へ下方修正した。資材価格高騰や急激な円安となった為替等の影響により大口顧客において一時的な需要調整が発生したこと、世界的な半導体不足や中国ロックダウンの影響で部材仕入れが遅延していること等により大型案件の納品スケジュールの遅延が来期以降まで継続する見通し。

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる