四国電力が大幅反落、2Q末配当見送りを嫌気

 四国電力<9507>が大幅反落。前日取り引き終了後、未定としていた23年3月期第2四半期末配当を見送ると発表したことが嫌気された。前年同期は15円。ロシアのウクライナ侵攻以降、燃料価格の先行きが不透明な状況が続いており、依然として通期の業績を見通すことが困難たためとしている。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる