企業|企業速報 証券市場新聞

セイノーホールディングス(9076)が高値圏で頑強。18日に阪急阪神ホールディングス(9042)と業務提携と資本提携に向けた協議を開始すると発表したことが材料視された。イノーは阪急阪神が展開する各種事業の物流需要を通じて事業の拡大・強化を図り、阪急阪神は強固な物流網を国内に有するセイノーと連携することにより、既存の物流事業の強化はもちろん、沿線の商流・物流の活性化によって沿線価値の向上を図る。それぞれ取得総額10億円を目途として、相互の株式持ち合いによる資本提携を実施することで合意している。

証券市場新聞

Pocket