企業|企業速報 証券市場新聞

神戸製鋼所(5406)が急伸、1000円台に乗せてきた。この日は新型タイヤ試験機「Librota-GS」の販売を開始したことが注目された。乗用車用タイヤの製造工程において最終品質確認をするタイヤ試験機(タイヤユニフォーミティマシン)において、世界最速のサイクルタイムとなる18秒/本と世界最高の繰り返し測定精度とを両立させた最新モデル。同社は、タイヤユニフォーミティマシンの分野においては世界シェア30%を占めるトップメーカーで、今回の新モデルを欧米を始め、世界中のタイヤメーカーへ拡販を進めることで、更なる市場シェアの獲得を目指す。

証券市場新聞

Pocket