企業|企業速報 証券市場新聞

良品計画(7453)が反発。29日付け日本経済新聞が「2016年3~11月期連結営業利益は、前年同期比2割増の310億円強となり、同期間として最高益を更新する見通し」と報じたことが買い手がかりになった。
食品の販売が好調。客数が回復傾向にあり、客単価の低下を補い既存店売上高が伸びる。前年同期に比べた円高で国内店舗の仕入れの採算も改善するほか、中国の新店での販売が計画を上回ると伝えており、通期利益の上ぶれを期待した買いが先行した。

証券市場新聞

Pocket