企業|企業速報 証券市場新聞

アイリッジ(3917)が急反発。30日の取引終了後、飛騨信用組合(岐阜県高山市)とフィンテックソリューションによる地方創生の取り組みとして、スマートフォンアプリを活用した電子地域通貨のプラットフォームを導入すると発表したことが材料視された。
金融機関による地域通貨の電子化は業界初で、利用者のメリットを確保しながら地域経済活性化。全国の金融機関や自治体などに向けても提供を開始する。第一弾として来春、飛騨信用組合の職員を対象とした「さるぼぼ倶楽部コイン(仮称)」を導入、商用化に向けた実証実験を行う。

証券市場新聞

Pocket