企業|企業速報 証券市場新聞

日本アジア投資(8518)が連続ストップ高。スマホ向けコンテンツビジネスを中国で展開している投資先のアクセスブライト社を通じて中国で2日から公開しているアニメ映画「君の名は。」が各地で多くの動員を集めていることから、日本と同様に大ヒットへの期待が高まっている。国内では「君の名は。」は97年公開の宮崎駿監督「もののけ姫」の193億円を抜いて邦画歴代3位に浮上したことが既に伝えられており、中国ででの前評判も高まっていた。この日からは委託保証金比率引き上げの信用規制が始まっているが影響は限定的。
証券市場新聞

Pocket