企業|企業速報 証券市場新聞

内海造船(7018)、タクミナ(6322)、玉井商船(9127)などラスト水関連銘柄の一角が買われた。共同通信が4日夕方、「船のバランスを取るために使う海水、バラスト水に関する新たな国際条約が来年9月発効するのを前に、大規模改修が必要な日本関連の船が1000隻を超えていることが国土交通省などへの取材で分かった」と報じたことを受け、関連銘柄に受注拡大への思惑から買いが向かった。

証券市場新聞

Pocket