企業|企業速報 証券市場新聞

ジーンテクノサイエンス(4584)がストップ高まで買われ、約1カ月半ぶりに年初来高値を更新した。5日取引終了後、JSR(4185)と資本業務提携すると発表したことが買い手がかりになった。JSR子会社の米KBIをバイオシミラーとバイオ新薬を含めた医薬品の戦略的製造委託候補先として、JSRのバイオプロセス材料の開発にも協力していくことが目的。関係強化と投資資金確保のため、JSRを引受先とする34万3407株の第三者割当増資を実施し、約5億円を調達する。
併せて、持田製薬(4534)とがん治療領域のバイオ後続品の共同事業化契約を結んだと発表したことも好感された。

証券市場新聞

Pocket