企業|企業速報 証券市場新聞

東京電力ホールディングス(9501)が続騰。政府が福島第1原発の損害賠償や除染費用に充てる貸し付け資金確保のため交付国債枠を現在の9兆円から14兆円に拡大すると伝わったことが買い手がかりになった。廃炉費用の8兆2000億円を含めた同原発の事故対応総費用は22兆6000億円へと急膨張すると試算されており、除染対策や賠償への対応を含め、いつでも現金化できる交付国債の枠を広げるという。

証券市場新聞

Pocket