企業|企業速報 証券市場新聞

森永乳業(2264)が急反発するなど、食品セクターに高い銘柄が目立った。急速な円安・ドル高の流れに一服感が出るなか、輸出や金融セクターなど主力大型株に対する相対的な出遅れ感が強まったようだ。食品は円安デメリット株としてトランプラリーが始まって以降、売りの対象となっており、突っ込み警戒感から買戻しが入った。

証券市場新聞

Pocket