企業|企業速報 証券市場新聞

摂津製油(2611)が急騰、一時前日比42円高の400円まで買われている。ロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者数が10都県で警報レベルに達し大流行の兆しとなっていることから、ブドウ種子抽出物配合のエタノール製剤「ユービコールノロV」を手掛ける同社が関連銘柄として人気化している。昨年12月18日には520円まで値を飛ばした経緯があり、今回もその連想が働いているようだ。

 

証券市場新聞

Pocket