企業|企業速報 証券市場新聞

アクリーティブ(8423)がストップ高買い気配。14日取引終了後、芙蓉総合リース(8424)が同社に対して、株式公開買付け(TOB)を実施すると発表したことで、TOB価格520円にサヤ寄せするかたちで水準を切り上げた。
アクリーティブを連結子会社化することが目的で、同社もTOBに賛同の意見を表明、親会社のドンキホーテホールディングス(7532)も公開買付けに応募する。買付予定数は2185万9000株で、買付期間は12月15日から17年1月19日まで。TOB成立後、芙蓉リースはアクリーティブの発行済み株数の51.0%を保有する筆頭株主になるが、アクリーティブの上場は維持される。

証券市場新聞

Pocket