企業|企業速報 証券市場新聞

オハラ(5218)が続騰。15日取引終了後に発表した17年10月期の連結業績で、売上高230億円(前期比7.8%増)、営業利益9億円(同6.3倍)、最終損益8億8000万円の黒字(同3億7200万円の赤字)と損益急改善を見込んだことが好感された。
FPD向けは堅調に推移しており、熊本地震の影響に伴う減産の影響が一巡、前期に為替差損や持分法による投資損失を計上したこともあり、今期は損益が急回復する。為替レートは1ドル=105円、1ユーロ=110円と想定。

証券市場新聞

Pocket