企業|企業速報 証券市場新聞

日本アジアグループ(3751)が続騰。この日、傘下の国際航業が、上下水道技術コンサルタントの日水コンと業務提携契約を結んだと発表したことが材料視された。

日水コンの水コントロール技術、国際航業のセンサー解析技術を駆使して水のスマート化技術の確立を目指す。ファーストステップとして両社のICT技術共有化を図り、情報インフラの開発やシステムサービスの共同展開に着手。防災、環境、エネルギーを含め、流域全体のまちづくりを総合的に支援するとしている。

 

証券市場新聞

Pocket