企業|企業速報 証券市場新聞

任天堂(7974)が6日ぶりに反発。12月15日から配信を開始したiOSアプリ「スーパーマリオ ラン」のゲームランキングが伸び悩んでいることが嫌気して下落していたが、11月9日に付けた2万2200円以来の安値水準になってきたことで買い戻しの動きになっているようだ。19日付ではみずほ証券が投資判断「買い」、目標株価3万5000円を継続、「スーパーマリオラン」の出足は見方分かれるが、株価調整局面は押し目買いで臨みたいとしている。

証券市場新聞

Pocket