企業|企業速報 証券市場新聞

ドーン(2303)、ビーマップ(4316)、イメージ ワン(2667)がストップ高に買われるなど、ドローン関連の一角に買い気が再燃した。
朝日新聞が20日付で「総務省はドローンの操作用に電波の周波数帯を割り当てることを決めた」と報じたことが手がかりになったようだ。新しい周波数帯域の割り当ては以前にも伝わっていたが、ドローンの本格的な普及へ期待が強く、全般手がかり難のなか、主要関連銘柄に物色のホコ先が向かった。
利用者には免許の取得も義務づけ、夏までに関連する省令を改正。新しい周波数帯では遠距離操縦や画像データの送信ができるようになることから、災害調査やインフラの点検など幅広い分野へ活用が広がると期待されている。

証券市場新聞

Pocket