企業|企業速報 証券市場新聞

小野薬品工業(4528) が続騰。27日付日本経済新聞が「がん免疫薬オプジーボを2017年度中に胃がん治療向けでも国内販売を始める方針」と報じたことが好感された。

相良暁社長は「承認を取得すれば、17年度には申請中の顔やのどなどに発生する頭頸部(とうけいぶ)がんと合わせ、6種類のがん治療に使われることになる」ことを明らかにしたという。オプジーボは17年2月から半額の36万円に薬価引き下げが決まっているが、適応症拡大で販売増を期待する買いが向かった。

 

証券市場新聞

Pocket