企業|企業速報 証券市場新聞

東芝(6502)は大幅続落、ストップ安まで売り込まれた。前日は複数の報道機関が2017年3月期に米国の原子力発電事業で1000億円規模の特別損失を計上すると報じたことを受け、急落となっていたが、取引終了後に数千億円規模の減損損失が出る可能性があると正式に発表たことで、処分売りが殺到した。

米国CB&Iストーン・アンド・ウェブスター社買収で、約8700万ドルののれん計上を想定しており、数十億ドル(数千億円)規模の減損を計上することから、業績に影響を及ぼす可能性が判明したという。現時点で影響額は未確定ながら、資本増強に伴う大幅な希薄化や資本不足が警戒されるなど、先行き経営不安につながるとの見方も浮上している。

 

証券市場新聞

Pocket