企業|企業速報 証券市場新聞

あじかん(2907)が続急騰、12月20日に付けた昨年来高値1141円奪回が視野に入っている。卵加工品や水産練り製品など業務用食材を主力に事業を展開、玉子焼製品が安定的な収益源になる一方で、新規事業の一環として立ち上げた「ごぼう茶」やごぼう原料を使用した関連製品も戦力化しており、PBR0.8倍台の時価には改めて割安感が高まっている。実質無借金で財務内容は良好、昨年5月18日に味堪(広州)餐飲管理有限公司を通じて、広東省広州市にアンテナショップとしての機能も兼ね備えた飲食店「巻楽」をオープンし、巻寿司を中心とした和食惣菜などの販売も開始しており、新たな事業展開も注目されている。

証券市場新聞

Pocket