企業|企業速報 証券市場新聞

日本ピストンリング(6461)が反発。4日付日経産業新聞が「インドでエンジン部品のバルブシートを3割増産する」と報じたことが買い手がかりになった。

約10億円を投じて南西部のカルナータカ州に新工場を建設しており、旧工場から生産能力を集約して1月中にも稼働する。現地に進出している日本メーカーが生産する四輪車、二輪車の生産増に対応すると伝えており、早期有益貢献が期待された。

 

証券市場新聞

Pocket