企業|企業速報 証券市場新聞

ウッドフレンズ (8886) はストップ高買い気配。5日引け後に発表した17年5月期第2四半期累計(6~11月)決算で利益が計画を大きく上回り、合わせて自社株買いを発表したことを好感した買いが向かった。

2Qの連結決算について、営業利益は従来予想の2億3000万円に対して5億6000万円(前年同期比2.5倍)で着地。主力の戸建て住宅の工期短縮やコスト削減効果で粗利率が急改善、通期計画の営業利益8億3000万円(前期比25.0%増)に対する2Qの進捗率は67.5%に達し、利益上振れが意識された。

自社株取得枠は発行済み株式数の2.04%にあたる3万株、取得総額6000万円が上限で、きょう6日から5月31日まで買付を行う。

 

証券市場新聞

Pocket