企業|企業速報 証券市場新聞

ユーシン(6985)が反落。10日大引け後に16年11月期の通期業績予想を連結売上高で1550億円から1538億9400万円(前の期比6.3%減)へ、営業利益で35億円から32億6900万円(同30.7%減)へ、最終損益で17億円の赤字から96億5900万円の赤字(前の期2億2600万円の黒字)へ下方修正したことが嫌気された。フランス自動車部品大手Valeo社から2013年に買収したアクセスメカニズム事業に関して、期末において、のれん等につき減損損失の計上及び繰延税金資産の一部取り崩しを行うことが圧迫する。年間10円から無配(前の期5円)とし、複数の金融機関と同社が締結しているシンジケートローン契約及び新株予約権付社債(CB)の発行契約に規定する財務制限条項のうち、純資産の維持に関する条項に抵触する見込みとしている。
証券市場新聞

Pocket