企業|企業速報 証券市場新聞

UMNファーマ(4585)がストップ安。10日大引け後にアステラス製薬(4503)が2010年9月21日付で締結した、細胞培養インフルエンザワクチンプログラムASP7374及びASP7373の日本での共同開発及び独占的販売に関する共同事業契約について、解約権を行使したと発表したことが嫌気された。解約の発効日をもって、アステラス製薬は、共同事業契約に基づいてUMNファーマにより付与された全ての権利を同社に返還。アステラス製薬は、ASP7374の製造販売承認申請を取り下げ、ASP7373の開発を中止するとしている。

証券市場新聞

Pocket