企業|企業速報 証券市場新聞

イオン(8267)はしっかり。11日大引け後に17年2月期の第3四半期累計(2016年3月~11月)の連結決算を発表、営業収益で6兆998億6000万円(前年同期比1.1%増)、営業利益で853億7600万円(同5.6%増)、最終損益で172億5600万円の赤字(前年同期174億7400万円の赤字)と営業増益を達成したことが下支え要因となった。6月から、新たな共通ポイント「WAON POINT」サービスを開始し、現金でのお買物にも対応する「WAON POINTカード」を新たに発行、ポイントサービスでの新たな施策などが寄与している。
通期は営業収益8兆4000億円(前期比2.7%増)、営業利益1900億円(同7.4%増)、純利益100億円(同66.4%増)の予想を変えていない。

証券市場新聞

Pocket