企業|企業速報 証券市場新聞

ヤマダ・エスバイエルホーム(1919)が反落。11日引け後、17年2月期の連結業績予想を下方修正修正したことが嫌気された。

連結業績について、売上高を500億円から460億円(前期比3.6%減)へ引き下げ、最終損益2億円の黒字を3億2000万円の赤字(前期2億7800万円の黒字)に修正するなど赤字転落を見込んだ。全展示場の改装、建て替えに伴う閉店期間の受注減で売り上げが計画を大きく下回り、経費負担増も損益を悪化させる。

証券市場新聞

Pocket