企業|企業速報 証券市場新聞

スタジオアタオ(3550)は急反落。11日取引終了後に発表した17年2月期第3四半期累計(3~11月)の連結決算で、営業利益3億7700万円(四半期決算計上は今期からで比較はない)と通期計画の4億5700万円(前期比86.7%増)に対する進捗率は82.5%となったが、当面の材料出尽くし感から売りが優勢になった。11月29日上場の直近IPOで初値の3810円から10日につけた高値5700円まで約50%上昇していた。3Qはインターネット販売、店舗販売ともに引き続き好調に推移した。

 

証券市場新聞

 

Pocket