企業|企業速報 証券市場新聞

パシフィックネット(3021)が続落。12日大引け後に、17年5月期の第2四半期(累計6~11月)連結業績予想を売上高で24億2500万円から22億5100万円(前年同期比4.2%増)へ、営業損益で1億100万円の黒字から6500万円の赤字(前年同期3000万円の黒字)へ、最終損益で7500万円の黒字から5300万円の赤字(同3600万円の黒字)へ下方修正したことが嫌気された。WindowsXPサポート終了にともなう情報機器の入れ替え需要に絡んで、新たな機器が導入されてから使用済み機器が排出されるまでのタイムラグが想定より拡大し、その結果、企業等からの使用済み情報機器の排出台数は、予想より低調に推移し仕入れ競争も激しい状況となっている。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

 

Pocket