企業|企業速報 証券市場新聞

環境管理センター (4657) が急反発。14日、豊洲市場の地下水モニタリングの最終調査で、最大で環境基準値の79倍のベンゼンが検出されるなど、201カ所の調査地点のうち72カ所で有害物質が基準を上回り、追加調査が行われると伝わったことで、土壌汚染測定・分析を行う同社に思惑買いが向かった。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket