企業|企業速報 証券市場新聞

モバイルファクトリー(3912)が後場に入って前日比304円高の2147円まで上げ幅を広げた。21日取引終了後、集計中の2015年12月期連結業績を上方修正したことが好感され、大幅続伸となっていたが、この日午後1時に発表した今16年12月期も大幅増収増益を見込んだことで買い気がさらに強まった。
今期は連結売上高18億、8800万円(前期比7.8%増)、営業利益4億6000万円(同46.6%増)を予想。位置情報連動型ゲームがの好調が続き、業績を牽引すると見ている。前期は売上高17億5100万円(前の期比13.7%増)、営業利益3億1400万円(同48.8%増)と計画を上回り、大幅増収増益で着地した。

証券市場新聞

Pocket