東芝が反発、半導体事業分社化報道を材料視

企業|企業速報 証券市場新聞

東芝(6502)が反発。この日の日本経済新聞で「フラッシュメモリーを含む半導体事業を分社し、ハードディスク駆動装置(HDD)世界最大手、米ウエスタンデジタル(WD)から出資を受ける交渉に入った」と報じられたことが材料視された。新会社は早ければ2017年前半にも設立、WDのほかファンドなども出資に関心を示しているとしている。
証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket

企業|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる