企業|企業速報 証券市場新聞

新日鉄住金(5401)が続伸。一部報道で、同社幹部がブラジルの持ち分法適用会社ウジミナス(USIM5.SA)からの撤退を可能にする株主協定修正について、合弁相手のテルニウムと協議することを排除しない考えを明らかにしたと伝わったことが材料視されたようだ。不採算事業からの撤退による収益改善を期待した買いが向かった。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket